« Dave Weckl Band | トップページ | Everything But The Girl »

Ulf Wakenius の Solo Guitar

渋いぞ! はげオヤジ

Terri Lyne Carrington のビデオを探していて、偶然見つけたUlf Wakeniusのソロギター。
地味なハゲオヤジだが、メセニーとも競演できるコンテンポラリーなセンスと実力を持つ。


Ulf Wakenius


まあ、ここでは普通の Jazz Guitar Solo を聞かせるが、立て込んだフレーズの中で時折聞かせるブルージーなフィーリングがミソ。
このステージは、Terri Lyne Carrington の他に Michael Brecker も参加していた。
Ray Brown をメインアクトとした2000年ドイツでのステージ。

ギター弾きとして興味深いのは、アップ・ピッキング時の右手の手首とピックを持つ指先のコントロール。
完全自己流の、非常に癖のあるピッキングをする。
しかし、指先と手首がとても柔らかく、弦飛びもスムーズだ。
いずれにしても、けっこうマニアックなビデオであることは間違いない。

使用ギターは年期が入った黒のレスポール・タイプ。数十年前に約100ドルで入手したという日本のアリア製のレスポール・タイプ。 要するに初心者向けの安物ギター。 パット・メセニーと共演した時に、メセニーが呆れ返ったという代物。 ところがこれからびっくりするような甘い極上のトーンが出る。


« Dave Weckl Band | トップページ | Everything But The Girl »

Movie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521702/42222977

この記事へのトラックバック一覧です: Ulf Wakenius の Solo Guitar:

« Dave Weckl Band | トップページ | Everything But The Girl »