« Fender USA Super Champ XD Amplifier | トップページ | ルーツ的なもの その6 [ Bill Evans Waltz For Debby ] »

AmpliTube Metal

IK Multimedia 社AmpliTube Metal を手に入れた。

過去のエントリーでも記載した、モデリング・アンプ Amplitube 2 から派生した Powerd By AmpliTube シリーズの最新作。

AmpliTube Metal


既に十分お分かりのように、当方メタル・ギタリストではありません。
断じて。
だから、メタル・ロックに特化した AmpliTube Metal って、あまり興味を引かなかったのは当然。


ところが、ここへきて、IK Multimedia 社お得意の「そりゃ無いだろう」的キャンペーンで、16,000円程度の「Stealth Plug」というギター・ベース専用のオーディオ・インターフェイスを買うと、50,000円弱の Powerd by AmpliTube シリーズからどれか1製品が無料で貰えると。
実際「Stealth Plug」こそ全く興味は無かったのだけど、16,000円程度で 50,000円弱の製品が手に入るのは十分に興味の対象。(クロスグレード価格より遥かに安いわけで。)


で、正規代理店のオンライン・ストアのポイントも溜まっていたので、AmpliTube Metal 狙いで「Stealth Plug」を購入したというわけ。


やはり「Stealth Plug」には失望した。
オーディオ・インターフェイスとしては、S/Nが悪すぎてレコーディング用途では使えない。
これ、オモチャと割り切らないとイライラしてくる。

Stealth Plug


ところがだ、AmpliTube Metal のほうは、予想外に使える。

そもそも、AmpliTube Jim Hendrix Edition ではなく、AmpliTube Metal を選択したのは、歪系エフェクタの充実に心を惹かれたから。

モデリング・アンプを使用するにしても、BOSS SD-1 と ProCO RAT というペダル・エフェクタは、どうしても使いたかった。
当方の好きなオーバドライブ・トーンは、基本的にこの2つのエフェクタで作ることができる。
AmpliTube Metal には、この定番ペダル2つのモデリングが含まれているわけで、ま、これだけに1万円ちょっと投資するのも悪くは無いかと。

BOSS SD-1 Pro Co RAT

今までの AmpliTube 2 の使い方って、Fender SuperReverb をベースにして、歪系エフェクタでドライブさせるというのが定番となっていた。
ま、過去にも何回か言っているように、当方 Fender 系のアンプが好みなわけで。
でも、ビンテージの Fender 系アンプって、それ自身の歪ではクランチまでが限界。
というわけで、基本クリーン・トーンに歪ペダルっていうのが、当方の使い慣れたセッティングというわけ。


ところが、AmpliTube 2 の歪ペダルで、当方のイメージにマッチするのは Ibaneze の TS-9 程度。
この歴史的「チューブ・スクリーマ」も決して悪くは無い。
AmpliTube 2 でも、かなりリアルにモデリングされていて、しっかりと使える。
でも、この手の、いかにも真空管を歪ませました的なトーンって、ブルージーなバッキングでは好きだけど、ソロでは微妙に違う。

あくまでも好みの問題で、当方の歪ペダルの原点は BOSS なのだ。
だって、当方、30年前の OD-1 からの BOSS ユーザーだから。


というわけで、AmpliTube Metal に SD-1 が含まれている事は魅力だった。
RAT も、SD-1 のオーバードライブとは趣が異なるが、ディストーションというカテゴリーで考えると、かなり好きな音色。
だから、前述したように、この2つのエフェクタのモデリングが欲しくて AmpliTube Metal を入手したようなもの。

一方で、Powerd by AmpliTube シリーズを複数使用する場合、「X-GEAR」というユーティリティ的なソフトウエアが無償で提供されている。
これは、Powerd by AmpliTube シリーズの異なる製品に含まれる全てのアンプやキャビネット、エフェクタ類を、ひとつのインターフェイス内で自由に組み合わせて使うことができるプラットフォームとして機能する。
つまり、前述の AmpliTube 2 に含まれる Fender SuperReverb に、AmpliTube Metal に含まれる SD-1 や RAT を組み合わせるということが普通に可能になる。
まあ「X-GEAR」そのものが、Powerd by AmpliTube という1つの製品として機能するわけで、この自由度は素晴らしい。

で、予想とおり Fender 系のアンプに SD-1 や RAT の組み合わせは良いね。
っていうか、自分的に慣れ親しんでいる音色が出せて安心。
SD-1 って、実際はもうちょっとパワー感があるけれど、特徴は十分にモデリングされていて笑った。
RAT はイメージ通り、完璧です。
これで、自分の好きなギター・サウンドがストレス無く作れるのが嬉しい。

AmpliTube Metal には、この他に BOSS系 だけでも DS-1 や MT-2、DF-2 といった歪系ペダルが含まれている。
更に、エレハモの Big Muff とか MXR の Phase 90 といった定番ペダルの充実も嬉しい。
まあ、これだけのエフェクタを仕込んだと思えば、たとえ「Stealth Plug」が失敗だったとしても後悔することは無い。


AmpliTube Metal に含まれるアンプは 当然ながら、いかにもメタルな4種類。
Peavey 5150、Mesa/Boogie Triple Rectifier、Randall Warhead、Marshall JMP1959 mkII。
Boogie だけはクリーン・チャンネルもモデリングされている。

ただ、私としては、どうも最近のハイゲイン・アンプって苦手。
特に Boogie のレクチは使いこなせない。

Mesa/Boogie Triple Rectifier

あそこまで音が飽和してしまうと、音楽的なニュアンスを弾き分けるのが難しい。
それに、もうこれ以上突っ込めないという領域まで無理してゲインアップしているという印象を受け、余裕を感じられない。
ちょっと弦に触れただけでも、これでもかというフルパワーのサウンドが出てしまう。
だから逆にレンジが狭く平面的な音色に感じてしまうのは私だけなのかなあ?
そんなに力まないで、もっと肩の力を抜けば?っていう感じ。
ゲインを絞ってクランチまで歪みを落としても、不思議とこの傾向が消えない。
とにかく、艶が無いというか、色気が無いというか、針金を弾いているような味気なさを感じてしまう。
ま、この感覚は、きっと当方がメタル・ギタリストでは無いからだろう。
そっち系の価値観が無いんだから仕方ないわけ。

それと、Marshall 系も、昔から好みでは無い。
誤解している人が多いけれど Marshall って実は音が細いわけで、特に高域でその線の細さが気になって自分的に気持ち良くなれない。


Marshall JMP1959 mkII


5150 は荒削りな ロック・サウンドには良いが、ま、本気でバン・ヘイレンでもやらない限り、使う機会はほとんど無いだろうなあ。


Peavey 5150

とまあ、アンプ・モデリングに関しては、初めから期待はしていなかったわけど、唯一嬉しい誤算は Randall だった。
だいたい本物なんか鳴らした事は無いから知らなかったけど、これ、使えるアンプだ。
アンプ単体の歪みに、芯があって、マイルドで耳に痛くないけれど抜けてくるという、理想的な音色。
ゲインを絞ってクランチ的に使うと、前述の Boogie のような特徴が出てきて微妙だけど、ソロ用の音色ならジャンルを選ばずに使える。


Randall Warhead

イコライザーはパライコとグライコが付いていて、かなり柔軟なサウンドメイクが可能。
このアンプを使えば、前述の SD-1 とか RAT は不要。
正直すんごく気持が良い。
最近、毎晩のように、このアンプ直結でギターを弾きまくっている私。
後は、ディレイをちょっとかけるくらいで十分。

このアンプだとストラトのリアにマウントした Dimarzio ToneZone S から叩き出されるエッジの効いた図太いトーンが、異常に快感。
ToneZone S の美味しいところを十二分に引き出してくれる。
このメタル・サウンドは許せる。
というか、ひょっとしたら大好きかも。
6連符でクラシカルなラインをブッ飛ばさずにはいられない麻薬的な音色だ。

ただ、この歳になって、そっち方面が好みになってくるのは、いろいろな意味で自分的にはちょっと心配かも。
私にも年齢相応の人格ってものがあるわけで。


当方、断じてメタル・ギタリストではありません。

« Fender USA Super Champ XD Amplifier | トップページ | ルーツ的なもの その6 [ Bill Evans Waltz For Debby ] »

Equipments」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521702/42744063

この記事へのトラックバック一覧です: AmpliTube Metal:

« Fender USA Super Champ XD Amplifier | トップページ | ルーツ的なもの その6 [ Bill Evans Waltz For Debby ] »