« 1月のライブ出演のお知らせ | トップページ | Smokey Robinson [Time Flies When You're Having Fun] »

Fender USA American Deluxe Stratocaster HSS

2010年もバタバタと1か月が過ぎようとしている。
昨年の暮れから、想定外の事件や突発的な催事や、堰を切って流れ出た問題への対応や、新規案件へのなし崩し的な着手やらで、日々嵐のような騒ぎ。
常夏のセブ島で泳いでいたかと思うと、熱海で寒梅を鑑賞したり、うら若き中国娘達と飲めや歌えの大騒ぎしたり、日本舞踊の家元の前で頭にネクタイを巻いて仮面舞踏会を踊ったり、自分でも日常と非日常の境が判らなくなりそうな日々。
バンドとしては1月下旬にライブも1本こなしたが、ライブ翌日が4時半起床で初打ちゴルフという強行軍。
年末年始の実感もないまま現在に至っている。


my_workspace


英語と広東語とハングルとタガログが頭の中で渦を巻く慌ただしさの中で、自分を見失わずバランスを保つために、たとえ30分でも自分ひとりの時間をここで音楽に費やす。
ウイスキーと煙草の香り、睡魔の中で現れては消える断片的なメロディ。
自分をリセットする貴重な場所と時間。
今年も、ここからはじめるか。




で、

漠然とではあるが、今年は作曲に力を入れようかと考えている。
できれば、フル・オーケストラをフィーチャーした大作を書きあげたいなどと。
昨年の暮れから、そのあたりをカバーするツールは着実に準備してきた。
その他にも、Cubase は急激に進化したし、待望の「Trilian」が Spectrasonic 社からリリースされたり、Scarabi 社のライセンスを受けた Native Instruments 社の新シリーズが発売されたりと、音楽制作環境はそれなりに充実している。
今年は、バンドとかライブとかに縛られないで自由に曲作りをしてみようかと。
1人の作曲家として、久しぶりに「作品」を残してみたい。


そんな舌の根も乾かないうちに何を言っているんだって感じなのだが、またギター買った。
ここ数年は、毎年1本ギターを買っている気がする。
それも Fender USA American Deluxe Stratocaster を買い続けている
サマリウムコバルト・ノイズレス・ピックアップ、S1スイッチ、ロック式ペグ、2点ナイフエッジ・トレモロ、9.5R指板、22フレット、ミディアムジャンボ・フレットという現代的な仕様は、現時点でも当方の嗜好にピタリとはまる。
流石に今回は、同じアメデラでもピックアップ・レイアウトが HSS のモデルを選択。
節操の無い自分的には、実はけっこう前から欲しかったモデル。

HSS モデルのアメデラには、LSR ローラー・ナットが標準で装備されている。
当方、ストラト弾きを自負しながらもトレモロ・アームを一切使わない稀有なギタリストであったが、ロック式ペグとローラー・ナットという、とっても Jeff Beck な仕様であれば、今までのいきさつは水に流して積極的にトレモロ・アームを使わざるを得ない。
早速にブリッジをフローティングにセッティングし、グニャグニャとアームを動かして遊んでいる。
今年の課題が増えた。
目指すはアーミングを極める作曲家。


American Deluxe HSS


このギター、とっても良い。
もちろんアメデラは「使える」ギターであるのだが、HSS モデルは更に自由度が広い。
リア・ピックアップがけっこう使えるトーンで、シングルからの切り替えでも違和感も無く、様々な状況に迷いが無く対応できる気がする。

搭載されているハムバッキング・ピックアップは、Fender DH-1 という型番だが、どうもこれは Seymour Duncan の SH-1 同等品らしい。
この SH-1 は、伝説の「PAF」を再現したピックアップとして有名。

実際に弾いてみると、ストラトのリア・ピックアップとしてはクリーンで若干コモリぎみに感じるが、歪系のサウンドではエッジが立っちつつ尖りすぎない使えるトーンになる。
真空管アンプのゲインを上げてドライブさせた時の、指にまとわりつくように粘りながらもストラトらしさを失わない切れの良いトーンは絶妙だ。

ネック・ポジションとセンターのシングル・ピックアップには、通常のサマリウムコバルト・ノイズレス・ピックアップの出力を更に上げた「ホット・サマリウムコバルト・ノイズレス・ピックアップ」が搭載されているので、リアのハムバッカーとの音量差等は気にならない範囲で収まっている。
このリア・ピックアップのバリエーションに American Deluxe 特有の「S1スイッチ」を組み合わせれば、このギターだけでほとんどのジャンルに対応できるだろう。


例えば、こんなジャズとかも大丈夫。

Get the Flash Player The player will show in this paragraph




余談だが、今年も楽器・音響業界の世界最大の祭典「Winter NAMM Show」が1月中旬に米国カリフォルニアはアナハイムで開催された。
世界的な不況を反映してか、エポック・メイキングな新製品の発表は少なかったが、それでもネット上を駆け巡る現地レポートにワクワクし続けられた4日間だった。

IK Multimedia 社は遂に Amplitube のバージョン3を発表した。
Poly Pitch 解析エンジン DNA(Direct Note Access)を搭載し前人未到の新境地を切り開いている Ceremony 社の Melodyne Editorや、WAVES 社の自動ミキシング・ツール Vocal Rider 等も未来の音楽制作を大きく変えるだろう斬新なコンセプトだ。

Fender USA も、新モデルを投入してきた。
American Special」シリーズと銘打った、ストラトとテレキャスの新シリーズだ。

本国での価格設定は1,099 USドルだから、Highway One シリーズと同等の廉価モデルの位置づけで、このあたりは世界不況を色濃く反映した戦略商品だと感じるが、9.5R指板のモダンCシェイプのネックにジャンボ・フレット、ピックアップはテキサス・スペシャルという使えそうなシリーズではある。
Highway One 同様にHSSレイアウトのモデルも存在する。
もちろん Made in USA である。

引き換えにというわけでは無いだろうが、American Deluxe シリーズのラインナップからHSSモデルが消えた。
つまり、今回当方が入手した American Deluxe Stratocaster HSS は、今後は新品での供給が無い。
けっこう、ナイスなタイミングで購入できたかも。



個人的な備忘録的な意味で、以下にスペックを貼っておく。

Model Name: American Deluxe Stratocaster® HSS
Model Number: 010-1500-(Color #) and 010-1502-(Color #)
Series: American Deluxe Series
Colors: (700) 3-Color Sunburst,
(720) Amber,
(723) Olympic Pearl,
(764) Montego Black,
(791) Chrome Silver,
(Urethane Finish)
Body: Select Alder
Neck: Maple, Modern “C” Shape,
(Satin Urethane Finish)
Fingerboard: Rosewood (P/N 010-1500) or Maple (P/N 010-1502), 9.5” Radius (241 mm)
No. of Frets: 22 Medium Jumbo Frets
Pickups: 1 Fender® DH-1 Humbucking Pickup (Bridge),
1 Hot Samarium Cobalt Noiseless™ Strat® Pickup (Middle),
1 Hot Samarium Cobalt Noiseless Strat Pickup (Neck)
Controls: Master Volume (with S-1™ Switch),
Tone 1. (Neck Pickup),
Tone 2. (Middle/Bridge Pickups and Neck/Middle/Bridge Pickup Combinations)
Pickup Switching: 5-Position Blade and 2-Position Push/Push S-1™:
S-1 Switch Up:
Position 1. Full Bridge Humbucking Pickup with Coils in Series (Lead Tone Control)
Position 2. Middle Pickup and Inside Coil of Bridge Humbucking Pickup in Parallel (Lead Tone Control)
Position 3. Middle Pickup (Lead Tone Control)
Position 4. Neck and Middle Pickup in Parallel (Lead and Rhythm Tone Controls)
Position 5. Neck Pickup (Rhythm Tone Control

S-1 Switch Down:
Position 1. Full Bridge Humbucking Pickup with Coils in Series (Lead Tone Control)
Position 2. Full Bridge Humbucking Pickup with Coils in Series, in Parallel with Neck Pickup (Lead and Rhythm Tone Controls)
Position 3. Full Bridge Humbucking Pickup with Coils in Series, in Parallel with Neck and Middle Pickups that are Paired in Series (Lead and Rhythm Tone Controls)
Position 4. Inside Coil of Bridge Pickup Paired in Series with Neck Pickup, in Parallel with Middle Pickup (Lead and Rhythm Tone Controls)
Position 5. Middle Pickup in Series with Neck Pickup (Rhythm Tone Control)
Bridge: Fender Deluxe 2-Point Synchronized Tremolo with Pop in Arm
Machine Heads: Fender® Deluxe Staggered Cast/Sealed Locking Tuning Machines
Hardware: Chrome
Pickguard: 3-Ply Mint Green on (700),
4-Ply Brown Shell on (720, 723),
4-Ply Black Shell on (791),
1-Ply Beveled Gold Vinyl on (764)
Scale Length: 25.5” (648 mm)
Width at Nut: 1.6875” (43 mm)
Unique Features: S-1 Switching,
LSR Roller Nut,
Abalone Dot Position Inlays,
Highly Detailed Fret Work,
Aged Knobs and Switch Tip
Strings: Fender® Super Bullets® 3250L, Nickel Plated Steel, (.009 to .042), p/n 073-3250-003
Accessories: Standard Molded Case,
Cable,
Strap,
Straplocks
Case: Standard Molded Case
Introduced: 1/2004
Notice: Product Prices, Features, Specifications and Availability Are Subject To Change Without Notice

« 1月のライブ出演のお知らせ | トップページ | Smokey Robinson [Time Flies When You're Having Fun] »

Equipments」カテゴリの記事

Essay」カテゴリの記事

Movie」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/521702/47418922

この記事へのトラックバック一覧です: Fender USA American Deluxe Stratocaster HSS:

» ある人の記 [ある人の記]
ある人の記 [続きを読む]

« 1月のライブ出演のお知らせ | トップページ | Smokey Robinson [Time Flies When You're Having Fun] »