« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

ルーツ的なもの その9  George Benson [ Breezin' ]

George Benson [Breezin']
Audio CD
Original Release Date: 1976
Number of Discs: 1
Label: Warner Bros.


Breezin'


まあね、このアルバムについては説明不要かもしれない.
音楽シーンのトレンドが大きく動いた時期に一世を風靡し、Jazz / Fusion だけでなく Black Contemporary や Soul Music、そして Pops にも多大な影響を与えたヒット作。
間違いなく歴史を変えたアルバムであり、1976年のグラミー受賞作。
これ、聞いたよなあ。

続きを読む "ルーツ的なもの その9  George Benson [ Breezin' ] " »

ルーツ的なもの その8 [ Terje Rypdal ]

1970年代初期の Miles Davis の実験的なコンセプトを継承しつつ Jazz と Rock の狭間を自由に行き来し、ある時はヨーロピアン・フリー・ミュージックの中で浮遊し、又ある時は完全に自己満足的なオーケストラ作品を書いて現代音楽に疑問符を投げかける。
時に何を血迷ったか若手ヘビメタ・ギタリストと喜々として共演し、何の裏も無い普通のハードロックを堂々と演奏する。
意味不明な歌バンでプログレ的芸風を暴露したか思うと、突然地味なフュージョン・バンドを結成して精力的に活動したりする。
誰がどう考えても歪ませたストラトキャスターのトーンがトレード・マークでありながら、影響を受けたギタリストに Wes Montgomery の名を挙げる。
Terje Rypdal、1947年8月23日、ノルウエーのオスロ生まれ。
全くつかみどころのない、変態ギタリストである。


Terje_Rypdal


当方、今時点で、この節操なしのオヤジをフォローしているかというと、必ずしもそうではない。
しかしながら、遥か昔の一時期、今に至る当方の音楽的嗜好にけっこうな影響を与えてくれたという点では、ルーツ的なものであることは事実。

続きを読む "ルーツ的なもの その8 [ Terje Rypdal ]" »

Sade の新譜 [Soldier Of Love] を聞いてみた

Sade の新譜「Soldier Of Love」を買ってみた。
前作 Lovers Rock から9年ぶりの新譜ということで、発売前からそれなりに話題にもなっていたし、まあ、Sade だから。


Solder Of Love


[Soldier Of Love] : Sade
Audio CD (February 9, 2010)
Original Release Date: February 9, 2010
Number of Discs: 1
Label: Sony
ASIN: B002YIHO7I


で、正直なところ、大いなる違和感を感じてしまった。

続きを読む "Sade の新譜 [Soldier Of Love] を聞いてみた" »

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »