Movie

Pat Metheny [Orchestrion]

Pat Metheny [Orchestrion]
Original Release Date: January,2010


orchestrion

2010年初頭にリリースされた問題作。
半年以上経過してからのレビューというのも的外れなので、今回はちょっと別の側面からの所感を述べてみる。


まあ、自他ともに認めるメセニー・フォロワーとしては、未だに「どうよ、オーケストリオン」って聞かれることはある。
で、面倒くささもあって大抵は次のように答えてしまう。
「まあねえ、あれは単なるパット・メセニー・グループだから。」

続きを読む "Pat Metheny [Orchestrion]" »

Clavia Nord Lead の矩形波を 翔んだカップル に捧ぐ

ごぶさた。

しかし Youtube 恐るべし。

何って、初代「翔んだカップル」のほとんど全話を視聴できちゃって、マジに泣けてきた。
これ、1980年10月3日から1981年4月10日までフジテレビ系で放送された、エポック・メイキングなテレビドラマ。
あり得ない設定で展開する学園コメディなんだけどさ、その世界感というか、突き抜け加減がすっごく良いのよ。
勇介役は芦川誠、圭ちゃんは映画版の薬師丸ひろ子ではなく、2作目の石川秀美でもなく、桂木文だぜ。
宮脇康之、柳沢慎吾、佐藤B作 等のキャストが、現場合わせのゆるい演出で、学芸会的に楽しんで演じている。
なんと言っても轟二郎が高校生という強引な設定にはぶっ飛ぶし、桂木文の入浴シーンすらあった。
柳沢慎吾の「太陽にまねろ」もこのドラマから生まれたし、CG を使った漫画チックな映像効果の挿入(すっごく幼稚だけど)や NG 場面の放送などは、後のテレビドラマ界に大きな影響を与えた。

見たなあ、これ。
新鮮だったもんな。
コント満載ドタバタ・学園コメディにも関わらず、最終話に近づくにつれて甘酸っぱい切なさすら感じた記憶がある。
若さというものが潜在的に持つ哀愁ってやつよ。


今になって、これを見られるとは。
Youtube 恐るべしだわ、マジで。

これ、見ていて、なんだかジーンと感動したわ。
こういう時代、あったからな。

H2Oが歌っていたエンディング・テーマ「僕等のダイアリー」(来生たかお作曲、来生えつこ作詞)を口ずさむ毎日っす。
キスの味はレモンパイ、肌の香りラベンダー。
たまりませんわ、胸キュンですよ。
そういやあ、桂木文の写真集が本棚にあったはずから、今宵はテキーラでも舐めながら懐かしい時代に旅立つかね。



Aya Katsuragi Hitotsubu

ところで、

続きを読む "Clavia Nord Lead の矩形波を 翔んだカップル に捧ぐ " »

エレガット用周辺機器のレビュー <その2:Guitar Synthsizer>

エレガット用の周辺機材を準備したので、とりあえずレビューなど。
若干は一般的な音楽機材情報としての補足説明も盛り込んだのだが、逆に内容が冗長になってしまった感は否めない。
よって、エントリーを 2つ に分けてあります。
興味のある人だけどうぞ。


Roland GR-20 Box


続きを読む "エレガット用周辺機器のレビュー <その2:Guitar Synthsizer>" »

エレガットのピックアップ増設とか

タカミネのエレガット DMP111N/NS を入手したことは、前のエントリーで書いた。


このエレガットに搭載されている CT4-DX(DMP) は、現時点ではタカミネの最新のプリアンプであり、2系統のピックアップをミックスできる事が特徴。
タカミネの売り文句は次の通り。

「世界中のトップ・プロから認められているタカミネ・オリジナル・ブリッジピックアップ"パラスティック"に加え、任意のピックアップを接続するデュアル・モードを搭載。
2系統のEQとノッチフィルターにより、それぞれのピックアップの個性を最大限に活かしたイコライジングと任意のミックス・バランス調整により、今までに無いフレキシブルなサウンドを提供します。
通常の1ピックアップ・モードでは2グループのEQをリンクさせ4ポイントEQ&ノッチフィルター×2というプロ用PAコンソールにも匹敵するコントロールが可能となります。
エレアコの最先端サウンドは、CT4-DX搭載のタカミネDMPモデルから。」


TAKAMINE CT4-DX


これ、単体でも販売されていて、定価は35,000円。


で、せっかく2系統のピックアップが使えるので、ピックアップを増設しようかと。

続きを読む "エレガットのピックアップ増設とか" »

TAKAMINE DMP111 N /NS

最近は真面目にギターを練習してます。
メトロノームを使って、地味なスケール練習とかしてます。


余談ですが、先日ホルター心電図という24時間監視の心電図を取ったところ、1日の鼓動約12万回の中でおよそ1万回程度の不整脈が認められました。
もちろん動悸とかの自覚症状があったので総合病院に行ったのですが、1/12の割合で不整脈というのは「なかなかのもの(医者談)」だそうです。
昔からリズム感が悪かった原因は、この不整脈かもしれません。
16ビートであれば、1小節もたないわけです。
申し訳ありません、リズムの悪さは心臓のせいだから責めないで下さい。

TAKAMINE DMP111N/NS

ところで、すっごく久しぶりにアコギ買いました。
Al DiMeola を中心とした Super Guitar Trio が Acousutic Guitar で超絶早弾きバトルを繰り広げて世界的なブームになった時期に、慌てて Ovation を買った以来だと思います。
当時は「かかってこいや、ディメオラ!」という意気込みでしたが、結局、敵はかかってきませんでした。
今回は気軽な家練用のアコギが欲しかった事もありますが、最近は右手のフィンガー・ピッキングを鍛えたいという潜在的なニーズがあったわけで。
今年はちょっとだけ「右手」に拘ってみようかと。
加えて、例えば演奏が雑にならないように1音1音を意識的に弾くこととか、エレキだけだとどうしても弱くなりがちな左手の筋力を強化してテンションを混ぜてもクリアなハーモニーを弾きたいとか、自分的にいくつかの課題がありまして。
今年も4月に入ったことだし、新しい年度の始まり的に「今期の教材」という意味合いが大義名分。

続きを読む "TAKAMINE DMP111 N /NS" »

ルーツ的なもの その9  George Benson [ Breezin' ]

George Benson [Breezin']
Audio CD
Original Release Date: 1976
Number of Discs: 1
Label: Warner Bros.


Breezin'


まあね、このアルバムについては説明不要かもしれない.
音楽シーンのトレンドが大きく動いた時期に一世を風靡し、Jazz / Fusion だけでなく Black Contemporary や Soul Music、そして Pops にも多大な影響を与えたヒット作。
間違いなく歴史を変えたアルバムであり、1976年のグラミー受賞作。
これ、聞いたよなあ。

続きを読む "ルーツ的なもの その9  George Benson [ Breezin' ] " »

ルーツ的なもの その8 [ Terje Rypdal ]

1970年代初期の Miles Davis の実験的なコンセプトを継承しつつ Jazz と Rock の狭間を自由に行き来し、ある時はヨーロピアン・フリー・ミュージックの中で浮遊し、又ある時は完全に自己満足的なオーケストラ作品を書いて現代音楽に疑問符を投げかける。
時に何を血迷ったか若手ヘビメタ・ギタリストと喜々として共演し、何の裏も無い普通のハードロックを堂々と演奏する。
意味不明な歌バンでプログレ的芸風を暴露したか思うと、突然地味なフュージョン・バンドを結成して精力的に活動したりする。
誰がどう考えても歪ませたストラトキャスターのトーンがトレード・マークでありながら、影響を受けたギタリストに Wes Montgomery の名を挙げる。
Terje Rypdal、1947年8月23日、ノルウエーのオスロ生まれ。
全くつかみどころのない、変態ギタリストである。


Terje_Rypdal


当方、今時点で、この節操なしのオヤジをフォローしているかというと、必ずしもそうではない。
しかしながら、遥か昔の一時期、今に至る当方の音楽的嗜好にけっこうな影響を与えてくれたという点では、ルーツ的なものであることは事実。

続きを読む "ルーツ的なもの その8 [ Terje Rypdal ]" »

Sade の新譜 [Soldier Of Love] を聞いてみた

Sade の新譜「Soldier Of Love」を買ってみた。
前作 Lovers Rock から9年ぶりの新譜ということで、発売前からそれなりに話題にもなっていたし、まあ、Sade だから。


Solder Of Love


[Soldier Of Love] : Sade
Audio CD (February 9, 2010)
Original Release Date: February 9, 2010
Number of Discs: 1
Label: Sony
ASIN: B002YIHO7I


で、正直なところ、大いなる違和感を感じてしまった。

続きを読む "Sade の新譜 [Soldier Of Love] を聞いてみた" »

Michael Jackson [This Is It]

Michael Jackson [This Is It]

This Is It DVD

Actors: Michael Jackson
Directors: Kenny Ortega
Producers: Kenny Ortega, Randy Phillips, Paul Gongaware, John Branca, John McClain
Format: Widescreen, Color, NTSC, Subtitled, DVD
Number of discs: 2
Studio: Sony Pictures


Michael Jackson の衝撃的な死から既に半年以上の月日が経過した。
その幻のラスト・コンサートのリハーサル風景を編集し、今や1家に1枚の感がある映像メディア作品「This Is It」について触れておく。

この映像は、日本国内でもいくつかのバージョンが発売されている。
コレクターズ・エディション(DVD1枚)、デラックス・エディション(DVD2枚組)、メモリアル・DVDボックス(デラックス・エディションにTシャツやブックレットが同梱されたもの)、そしてBlu-Ray版(デラックス・エディションに過去のショート・フィルム等の特典映像を収録し、ブックレットを同梱したもの)。
よって基本的にはDVD2枚組のデラックス・エディションを押さえておけば問題無い。

続きを読む "Michael Jackson [This Is It]" »

Smokey Robinson [Time Flies When You're Having Fun]

Smokey Robinson [Time Flies When You're Having Fun]


Smoky Robinson  Time Flies When You're Having Fun


Original Release Date: August 25, 2009
Number of Discs: 1
Label: Robso
ASIN: B002F3BPQS

騙されたと思って買ってみたら、当たりだった。
だいたい、スモーキー・ロビンソンなんか聞くのは30年ぶりだろうか。


Smokey Robinson、ご存知、モータウンの副社長まで務めた、ソウル界の重鎮。
ブラック・コンテンポラリー・ミュージックとかアーバン・ソウルとか、そんな洒落たカテゴライズが生まれる遥か昔から、「ソウル・ミュージック」の一線で活躍したボーカリスト、ソングライターだ。
ボブ・ディランにして「アメリカの偉大な詩人」と言わしめ、ビートルズやローリング・ストーンズが彼の曲をカバーした。
まさに、アメリカン・ミュージックの歴史を刻んだ人物。

続きを読む "Smokey Robinson [Time Flies When You're Having Fun] " »