Review

Fourplay [ Let's Touch The Sky ] ちょっと残念なギタリスト交代作

Fourplay [ Let's Touch The Sky ]


Let's Touch The Sky

Audio CD (October 25, 2010)
Original Release Date: 2010
Number of Discs: 1
Record Label: Heads Up


やっぱね、いくらニューヨークでファースト・コールであったとしても、Chuck Loeb では小粒すぎたわ。
Fourplay の11枚目のアルバム「Let's Touch The Sky」は、巷ではけっこう好意的に受け止められているけれど、当方としては、いまいち。

ま、その「好意的」の中身は、今回のギタリストの交代で Fourplay のイメージが大きく変わってしまわないかという漠然とした不安が払拭されただけって感じなのかもしれないのだが。

続きを読む "Fourplay [ Let's Touch The Sky ] ちょっと残念なギタリスト交代作" »

Pat Metheny [Orchestrion]

Pat Metheny [Orchestrion]
Original Release Date: January,2010


orchestrion

2010年初頭にリリースされた問題作。
半年以上経過してからのレビューというのも的外れなので、今回はちょっと別の側面からの所感を述べてみる。


まあ、自他ともに認めるメセニー・フォロワーとしては、未だに「どうよ、オーケストリオン」って聞かれることはある。
で、面倒くささもあって大抵は次のように答えてしまう。
「まあねえ、あれは単なるパット・メセニー・グループだから。」

続きを読む "Pat Metheny [Orchestrion]" »

ルーツ的なもの その9  George Benson [ Breezin' ]

George Benson [Breezin']
Audio CD
Original Release Date: 1976
Number of Discs: 1
Label: Warner Bros.


Breezin'


まあね、このアルバムについては説明不要かもしれない.
音楽シーンのトレンドが大きく動いた時期に一世を風靡し、Jazz / Fusion だけでなく Black Contemporary や Soul Music、そして Pops にも多大な影響を与えたヒット作。
間違いなく歴史を変えたアルバムであり、1976年のグラミー受賞作。
これ、聞いたよなあ。

続きを読む "ルーツ的なもの その9  George Benson [ Breezin' ] " »

Sade の新譜 [Soldier Of Love] を聞いてみた

Sade の新譜「Soldier Of Love」を買ってみた。
前作 Lovers Rock から9年ぶりの新譜ということで、発売前からそれなりに話題にもなっていたし、まあ、Sade だから。


Solder Of Love


[Soldier Of Love] : Sade
Audio CD (February 9, 2010)
Original Release Date: February 9, 2010
Number of Discs: 1
Label: Sony
ASIN: B002YIHO7I


で、正直なところ、大いなる違和感を感じてしまった。

続きを読む "Sade の新譜 [Soldier Of Love] を聞いてみた" »

Carmen McRae [I'm Coming Home Again] 深く豊潤な味わい

Carmen McRae [I'm Coming Home Again]

Catalog No.: ABCJ-258
Format: CD
Number of discs: 2
Release Date: 2003/04
Original Release Date:1981/02
Producer: Vic Chirumbolo

I'm Come Home Again Original Jacket

すみません。これはすっごくマニアックなアルバム。
1981年のオリジナル盤発売当時、都内の輸入レコード店勤務だった天野君が購入した2枚組のオリジナル LP が、今でも当方の自宅にある。

以前から CD でも欲しいと思っていたのだが、先日とうとう購入に踏み切った。
実は、このアルバムの CD はいくつかの種類が出ていて、よく調べないと失敗する。

続きを読む "Carmen McRae [I'm Coming Home Again] 深く豊潤な味わい" »

Michael Jackson [This Is It]

Michael Jackson [This Is It]

This Is It DVD

Actors: Michael Jackson
Directors: Kenny Ortega
Producers: Kenny Ortega, Randy Phillips, Paul Gongaware, John Branca, John McClain
Format: Widescreen, Color, NTSC, Subtitled, DVD
Number of discs: 2
Studio: Sony Pictures


Michael Jackson の衝撃的な死から既に半年以上の月日が経過した。
その幻のラスト・コンサートのリハーサル風景を編集し、今や1家に1枚の感がある映像メディア作品「This Is It」について触れておく。

この映像は、日本国内でもいくつかのバージョンが発売されている。
コレクターズ・エディション(DVD1枚)、デラックス・エディション(DVD2枚組)、メモリアル・DVDボックス(デラックス・エディションにTシャツやブックレットが同梱されたもの)、そしてBlu-Ray版(デラックス・エディションに過去のショート・フィルム等の特典映像を収録し、ブックレットを同梱したもの)。
よって基本的にはDVD2枚組のデラックス・エディションを押さえておけば問題無い。

続きを読む "Michael Jackson [This Is It]" »

Ralph Towner [Chiaroscuro] & Diego Barber [Calima]

最近感銘を受けたアコースティック・ギター作品を2つ紹介しておこう。
どちらもガット弦の生ギターを指弾きで奏でるスタイル。

[Chiaroscuro] : Ralph Towner

Chiaroscuro

[Calima] : Diego Barber

Calima


この2つの作品は、趣が全く異なりがらも、どこかに共通した感触があり、その迷いのない凛とした印象が当方の琴線に触れた。

冬枯れの木々の間から、熱を失いながらも迷いなく一条に差し込む日差しを見上げた時の眩しさ。
風の中で宇宙まで見渡せるような透明な空の開放感。
どうしようもなく泣いた後に感じる、無垢な清々しさ。
そんな作品だ。

続きを読む "Ralph Towner [Chiaroscuro] & Diego Barber [Calima]" »

Smokey Robinson [Time Flies When You're Having Fun]

Smokey Robinson [Time Flies When You're Having Fun]


Smoky Robinson  Time Flies When You're Having Fun


Original Release Date: August 25, 2009
Number of Discs: 1
Label: Robso
ASIN: B002F3BPQS

騙されたと思って買ってみたら、当たりだった。
だいたい、スモーキー・ロビンソンなんか聞くのは30年ぶりだろうか。


Smokey Robinson、ご存知、モータウンの副社長まで務めた、ソウル界の重鎮。
ブラック・コンテンポラリー・ミュージックとかアーバン・ソウルとか、そんな洒落たカテゴライズが生まれる遥か昔から、「ソウル・ミュージック」の一線で活躍したボーカリスト、ソングライターだ。
ボブ・ディランにして「アメリカの偉大な詩人」と言わしめ、ビートルズやローリング・ストーンズが彼の曲をカバーした。
まさに、アメリカン・ミュージックの歴史を刻んだ人物。

続きを読む "Smokey Robinson [Time Flies When You're Having Fun] " »

Robben Ford 今日的なブルース・ギター

== Robben Ford 今日的なブルース・ギター ==

私の場合、何故か「ブルース」をルーツに持つギタリストは、大抵の場合あまり好みではない。
ギタリストとしては、きっと珍しいタイプなのだと思う。
およそ商業音楽としてのギター・ミュージックのルーツには、ロックであれジャズであれ、ブルースの影響が顕著だからね。


Soul On Ten


Robben Ford [ Soul On Ten ]
2009 Concord Records
ASIN: B002DZX9NK

続きを読む "Robben Ford 今日的なブルース・ギター" »

秋の午後の Chick Corea & Gary Burton そして Keith Jarrett

10月も終わりの曇り空の午後3時。
薄暗い部屋のカーテンの隙間から、冬の訪れを予感させる鉛色の空が見える。
ベットの中で Chick Corea & Gary Burton の チューリッヒでの1978年のデュオ・ライブ「In Concert」を聞きながら、矢作俊彦と谷口ジローの「Samurai Nongrata」を読む。
時たま、うつらうつらと浅い眠りに落ちながら。
これはこれで、なかなかオツな秋の午後。


Samurai Nongrata


どちらも昨日 Amazon から届いていた。
実は、一緒に Keith Jarett Trio の2001年のライブも届いていたのだが。
ただ、昨晩は疲れが出たのか、安物のブランデーを飲みながらディカプリオが中東で CIA捜査官を演じている映画を見ていて、エンドロールが流れ出した瞬間に眠りに落ちていたわけで。

今回は残念ながら矢作俊彦の話題では無いので、悪しからず。

続きを読む "秋の午後の Chick Corea & Gary Burton そして Keith Jarrett" »